せまい賃貸の布団収納に困る!クローゼットなしの子ども部屋の対策法

狭い我が家に各部屋収納なんてものはありません。子供部屋もクローゼットもなんもなし。そして困っているのが寝具まわり収納です。

綾川
綾川

いまのところ布団生活なんだけど、それも収納スペースないから部屋は狭いし、乱雑だし、そこにおもちゃも散乱して大変な事態に!

長年悩んでいる問題をなんとか解決できないだろうか?ということで、せまい部屋でもなんとかする布団収納法について考えます。

クローゼットがないという収納なしの状態なら、折りたたんで置いておけるマットレスがいいのではないか?と考え中。

ミニマリストの人の多くが取り入れているというマットレス、我が家に導入できるでしょうか。

クローゼットなし子ども部屋!寝るのは布団かベッドか問題

まず、考えねばならないことは、今後子供2人の生活は布団でいいのかどうかです。小学1年生になった長男。下ももうじき4歳です。ここで浮上してくるのは2段ベッドにはしないのか?ということ。

布団かベッドかどちらが狭い我が家には適しているでしょうか。

2段ベッドは圧迫感と管理の大変さがある

私が思うに、2段ベッドは大変面倒ではないかということ。子供心に2段ベッドは憧れの象徴でありましたが、今となってみれば子供時代、みんなで川の字で寝ていたのも楽しい記憶です。

せまい部屋に2段ベッドがあるとすさまじい圧迫感で部屋は死にます

布団ならたためば存在が薄まり、その分遊ぶスペースも増えます。

毎日の上げ下ろしのないベッドは一見楽そうですけどね、管理は大変です。2段ベッドも結局は最後、処分する日は必ずきます。

その時、大型ごみで出す大変さ、おっくうさ…

綾川
綾川

私にすべての管理はできない!先延ばし、面倒くさがりの性格上そんな管理できない。

50㎡という我が家の賃貸事情を見ても2段ベッドは到底夢の産物と分かります。

それに小さく、ミニマムに暮らそうとしているミニマリストの方々をみてもベッドを手放している人は多いです。

ベッドよりも布団やマットレスの方がより小さく暮らすことができるということ。省スペースで無駄のない暮らしには床に寝るという日本人スタイルが一番なのでしょう。

ということで、2段ベッドはお蔵入りです。

布団かマットレスか、よりコンパクトでしまいやすいもの

綾川
綾川

マットレスってめっちゃカビない???!?

いちばん恐ろしいこと、それはマットレスをめくったらごっそりカビが生えていることです!!!

現状、布団の下に薄いマットレスを敷いているんですが、めちゃくちゃカビます。私の管理のずさんさが原因かもしれませんが。

でも布団はカビてないんですよね。マットレスはめっちゃ黒いです。

  • カビない対策
  • 省スペースで狭くても邪魔しない収納
  • しまうのが楽

これらを重点に置き、布団収納法を考えたいと思います。

せまい部屋での布団収納のパターンは3つ

せまい部屋で、かつ収納スペースも0の我が家。布団をしまう場所はそもそもありません。せまい部屋かつ、収納なしの部屋で布団を収納するには、部屋に大胆にボン!と置く方法をとります。

今回は新たに収納の棚などは用意しない方向で考えます。

布団の上げ下ろしも楽!そんな方法でないとまたカビてしまいます。

いかに動作が少ない方法で収納するかにかかっているのです。

①布団をソファのように見せる

布団をカバーにしまい、ソファのように見立ててる方法があります。

これなら部屋のインテリアの邪魔にもなりません。子供が昼間遊んでいても大丈夫。

ただ、大変なことが一つあります。それがしまうのが面倒ということ。

私にとってはこれが大問題。

面倒に感じてしまい、次第にやらなくなります。やらなくなると布団はしきっぱなし、マットレスの裏にはカビがびっしり…となる恐れがあるのです。

朝に時間のある人、毎日布団にしまうのが苦でない人におすすめといえそうです。

②すのこベッドを導入する

折りたたみのすのこベッドというものがあります。

寝る時はすのこを敷いた上に布団を敷き、寝ます。

翌日は布団を敷いた状態で折りたたんで終了。そのまま干せてカビ防止になります。快適ですし、しまうのがかなり楽ですよね。

ある程度スペースが確保できる部屋であれば便利です。

ただ、日中は子供が遊ぶ部屋だということをふまえるとこの方法もNGかな。

折りたたんだ状態のすのこベッドはスペースがいります。日中は部屋が狭く感じるでしょう。

ただ、寝室としか使わない部屋ならすのこベッドは寝る時も快適で、しまうのも楽でかなり便利でおすすめです。

③マットレスにして、壁に立てかける

私が一番採用したいのが分厚いマットレスです。

マットレスは少し分厚く、壁に立てかけることができるからです。立てかけるだけなので壁さえ何もなければ簡単。

日中でも邪魔になりません。

いちばんスペースをとることなく、せまい部屋での布団収納の困りごとを解決してくれそうです。

子供用のマットレスを選ぶ必要はあるのか?

私は子ども用のマットレスは選びませんでした。

なぜなら、すぐに大きくなるから。そして、より長く使えるからです。

小学生にあがった長男もそこそこ大きくなりました。シングルサイズのマットレスでも十分だろうと判断。

部屋は圧迫されてしまうかもしれませんが、心地よく眠れることでしょう。

日中は部屋のすみに立てかけて置けば問題なし。

次は次男の布団問題ですが…それはまた後日考えます。

最後に

狭い賃貸の子ども部屋の布団問題。マットレスで解決!

部屋のすみに立てかけておけば邪魔でもありません。布団を畳むよりも簡単です。

そして立てかけておけば日中も部屋がスッキリとし、ダニ予防にもつながります。

ベッドなしでマットレス生活をしばらく試していこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください