片づけ習慣は嫌いなお皿洗いから。好きな時間に変えたら面倒じゃない

家事も掃除も大嫌いな綾川です。

もちろんお皿洗いも嫌いです。面倒だし、やる気がまず起きません。

そんなズボラすぎる私、それでも毎日きちんと洗ってから就寝できています。手伝ってくれる人もいなければ、食洗器も持っていません。全部自分一人での作業です。ようするにワンオペ家事。ワンオペツライ。

綾川

夜、必ず洗わないと…翌日地獄ですからね。恐ろしい

今だからこそできている習慣!

もちろん、ズボラな私が最初からお皿洗いを毎日だなんて無理です。

習慣化してしまわなければ毎日地獄の日々です。それをズボラで面倒くさがりな私がなぜ成し遂げられたかについて今回は書きます。

子供がいると余計にたまるお皿たち。家族4人の食後はそれなりに山盛りになります。

その上私の性格上、

面倒くさい×気にしない=たまる食器…

という負の連鎖が生まれます。

ですが、これをなんとか打開することに成功。そんな私の心がけるお皿洗いの習慣を紹介します。

はじめからうまくいくことはありません。できないことは、できない。

でも、できないはいつかできるようになるということ!と、NHKのデキナイヲデキルマン(加藤諒)がいってた( ˘ω˘ )

家が汚い…片づけるにはお皿洗いから習慣化

片づけの習慣はまず、お皿洗いから

掃除が嫌い、家事が嫌い、そんな私の家はぐちゃぐちゃです。すぐに物が溜まります。片づけたい。収納もみなおしたい。でも、体が動きません。

育児中でもようやく、時間が空くということも増えてきました。でも、そんな時に動かない私の体。面倒くさいのです。嫌なことからは逃げたい。

でも、片づけしたいんだよなぁ。

ズボラでも家事が嫌いでも、そういった思いがあるのなら、できるようになります。かならず。

だって、こんな私でもお皿洗いを習慣化することには成功しているわけですから。

片づけたい、という思いがあるのなら、まずはお皿洗いからチャレンジしてみましょう。これは毎日のことなので、習慣もつきやすいです。

そして、一つできるようになったら、次はテーブルの上、掃除機、その他いろいろと片づけられる箇所も増えていきます。

なので、家が汚い…という方はとくにお皿洗いから習慣化してみることをおすすめします。私もこれから片づけがんばるんだーー

夜洗いすれば生活の質があがる

片づけるには、お皿から。そして、そのお皿洗いすることで得られることってなんでしょう。

綾川

得られることそれは、時間の余裕ではなく「心の余裕」

毎晩、面倒…つらいと思いながらお皿洗いをします。ときおりめちゃくちゃやりたくない!無理!という瞬間があります。でも、それを乗り越えて、きちんと洗い終えてから就寝した次の日の快適さ( *´艸`)

翌朝、お皿があるとそれだけで負担で重くてストレス100%です。

でも、それがないだけでスムーズに食事の用意もでき、仕事にもバタバタはしていたとしても快適に出勤できます。

時間はいつもありません。すぐに過ぎていきますからね。だから、時間の余裕はできないのですが、心にゆとりが生まれます。そして、生活の質も向上するんです。

心の余裕は暮らしの余裕。夜の皿洗いで生活しやすくなりました。

キレイを保てば排水口も怖くない

毎日のお皿洗い、そのあとは排水口のゴミを片づけ、ブラシでこすります。

そんな面倒なことも習慣になるとなんでもありません。いつものことです。

そして、それをすることでぬめりはなくなりました。臭いもしません。毎日やるから汚くないし、つまりません。毎日できていなかったときはこの排水口が地獄でした。汚い、ぬめる、臭い、いやほんと臭い。

これが毎日やれば、ぬめりもないので素手でさわっても嫌な顔一つせずお掃除できます。ぜんぜん苦ではなくなります。

排水口のお皿部分には使い捨ての排水口のネットをひっかけています。これがあるだけで楽ちんにお掃除できます。

面倒くさい、ズボラさんでもできるお皿洗いの習慣化

時間はかけない、ちょこちょこ洗いが楽

お皿はためずに、洗いましょう。

朝ごはんの後、お昼の後、晩ごはんの後…

そんな毎回洗えるとか家事が好きな人だけだわ。と、できないころは思っていました。でも、お皿をめいいっぱいためてから洗うと…めちゃくちゃ時間かかるんです。

そんな何十分もシンクの前に立ってなければならないのは負担すぎる!!

お皿は数分で洗い終えるくらいがいい。

枚数の少ないうちに洗って、ちょこちょこ洗いを繰り返します。そうすると一回でお皿を洗う時間が短いため、しんどくありません

溜めない洗い方がいちばん楽ちん(*´ω`*)

洗うタイミングを決める

タイミングを決めましょう。

習慣づけるためにはまず、タイミングです。

「ご飯の後は必ず洗うようにする」「食事作りの前」「夜寝る前」など、自分で洗うタイミングルールを作っておくと動きやすくなりますし、習慣づきやすくなります。

嫌でも体が動く…いつかはそんな日がくるはずです。毎日やればね!

子供がいてもできるお皿洗いルーティン

私の場合ですが、子供がいるとお皿がたまりがちです。相手していると洗えないし、お風呂にいれたり寝かしつけたりすると時間がとられてしまいます。

だからこそ、やっぱりタイミング大事!

私の場合のお皿洗いのルーティン紹介しますね。

  1. 朝ごはんの後
  2. 晩ごはん準備の前
  3. 晩ごはん準備の後
  4. 晩ごはん後

仕事がある日は正直、上記のような朝ごはんの後にはできなくて、そのまま残して出勤しちゃいます。

そういう場合は仕事の後ですね。大抵は、晩ごはんの準備前に洗うことが多いかな。

晩ごはん作り終えるころにはまた溜まります。

なので、晩ごはんを食べる前にまた軽く洗います。時間がなければ放置ですけど。

そして、また食事の後に洗います。

そのあとお風呂に入るんですが、入った後には洗えません。できるかぎり入浴の前にすませます

そうすると、子どもの寝かしつけがスムーズにできます。結局入浴後には時間はありませんね。寝かさなきゃ!とかぐだぐだ時間がかかるため、結局いつも洗うことができませんでした。

というわけで、晩ごはん後に片づけます。その間にお風呂のスイッチをおしたり、します。

綾川

ちなみに、子供にはおもちゃの片づけを指示。お母さんのお皿洗いが終わるのが先かの勝負をいつも挑みます。

自分の好きな時間にしよう

お皿洗いが最近少し、楽しいと感じています。

嫌いだったはずなのに!

なぜって、好きなユーチューバーさんができたんですー(*´ω`*)

ユーチューバーとか関係なく、気になる動画を検索していただけの私に、はじめて、この人の動画みたい!チャンネル登録したい!という人があらわれました。

なにが言いたいのかといいますと、お皿洗いの時間=好きな動画を見る時間にしたんです。

そう、好きな動画や音楽を聴きながらなら嫌なこともやりやすくなりました。

動画をみたいからお皿を洗う。私のやる気スイッチになっています。

  • 動画
  • 音楽
  • インスタ用に写真をとる

私のやる気スイッチは、もう一つがインスタです。片づける前に一枚を撮りますよね。その後、キレイになった写真をとります。その2枚のビフォーアフターをインスタにあげちゃいます。

これも、キレイにしたいという欲求でがんばれちゃいます。しかも反応があると思うともっとがんばれるかな。

自分なりのやる気スイッチを探すと洗うのも苦じゃなくなるかもしれませんね。

しんどくないスケジュール管理でいつのまにか習慣に

自分のタイミングを決め、好きな動画をみたりインスタに投稿したり…

色々と自分ルールを決めてお皿洗いに取り組んでいると、いつの間にか習慣化しています。

毎日のことなので習慣になりやすいのがお皿洗い。

でも、サボる時はサボる。休みの日なんてかなりスローペースです。

とはいえ、やらない日があると次から次へとサボる可能性もあります。嫌になるとすぐだらけちゃう…

だから、毎日続ける意識は大事

好きな動画や音楽をみつけて、自分の好きな時間にしちゃいましょう。

そしたらいつの間にかできるようになっています。

できないができるマン!できないはできるようになるということ!私の好きなフレーズです(*´Д`)

最後に

片づけたいという意識がある人は必ず、できるようになる資質をもっています。

キッチンがスッキリキレイだと、気持ちいですからね。

毎日続けたいなぁ。

人数が多いとまたそれだけでお皿の量も増えますから。すぐに洗うこと。できれば洗いカゴは設置しておくといっぱいおけてイイと思う。

洗ったらあとは放置ができますから。衛生的に心配な方は乾燥機を置きましょう。場所があれば|д゚)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください