防災

34時間停電!?停電で困ったこと、必要な対策ってなんだろう

投稿日:

先日、浜松大規模停電に遭遇した我が家。なんと復旧までに34時間もかかりました。光のありがたみがわかった。そして、防災意識の低さも実感。

長引く停電で困ったこと、便利だったものをふまえ、今後防災していく上でなにが必要なのか考えてみましょう(´・ω・`)

  • スマホの充電
  • 洗濯
  • 冷蔵庫の中身がくさる
  • お風呂
  • 食料が買えない

困ったことあげてみるとどんどん出てきます。必要なことはこの困ったちゃんを今後改善していくことでしょう(ノД`)・゜・。

34時間停電で困る!もっとも大事なこと

最重要事項として、いちばん困ることはしぼると3つありました。

  • スマホの充電
  • 信号がつかない
  • 洗濯

お風呂に入れないこともすごく嫌なんですけどね。そこはとりあえず、我慢するということで置いておきます。

スマホの充電問題

一番に困るのは、スマホですね。これ、ないと情報源もありませんし。家族との連絡もつきません。固定電話は全滅です。携帯にはつながるんですが、固定電話の保育園も、職場も一切つながりませんでした

ですから、ラインやTwitterはやはり大事です。充電も持たないので、コメントでさらっと連絡し合うのがベストでした。

そして、時間がたつと、無料で充電させてもらえる場所が増えます。

一番にたよれるところは、区役所の充電でした。充電させてもらえます。でも、そこだけではなく、レストランや美容室、病院と様々な場所で対応してくれるところもでてきてありがたいですね。みんなで乗り切りましょう精神はありがたい。

とはいえ、その情報源はすべてTwitter。テレビもつきませんから、情報は自分でとりにいかないとわかりません。

ですから、スマホの充電は一番問題。

信号がつかない

これは、どうしようもないことですが、信号が機能しなくてめちゃくちゃ怖かった( ゚Д゚)

私の場合は、職場も歩きで車に乗ることもないのですが、旦那は車。職場の周りの方も怖い思いをしながら出勤していたようです。

大きい道路だと怖いですね。案の定、事故が多発していたとのこと。うちの近所でも救急車かパトカーか、サイレンの音が響いていました。うぅ怖い。でも、これは対策のしようがありません。

警察の方の手信号を覚えておくことが、いちばんの対策でしょうか。

洗濯

洗濯が毎日たまります。2日も続けて停電となるとどえらい量になり、困る。たった2日をなめてはいけません。家族の人数で量は特大にふくれあがります。まさかすべて手洗いなんてこともできません。旦那さんも、手で洗えばいいと気楽にいってはいけませんよ。じゃぁ洗ってよ?と返されるだけです( ´∀` )

洗濯機て、ほんとうすごいわ。ありがたみを実感。昔の方はすごいなぁとしみじみです。発明した方は本当に偉大だ!と噛み締めました。

とはいえ、問題なのは、信号もつかない、出歩きたくない、でもコインランドリー行きたいこの状況

Twitterでみていると、開店しているコインランドリーを教えてくれている方がいらっしゃいました。エライ。やってるところもあるんですよね。電気が復旧している場所なら。

私は近場のコインランドリーに電話して確認してから、恐る恐る旦那に車を出してもらい、いけました。どうやら周りは復旧しているようで、ちょっと走れば開いていたのでよかったです。

食料難になる?

冷蔵庫がとまると食材が買えません。そして、中身も腐ります。腐る前に調理しちゃえばいいんですけどね。全部というわけにはいかないでしょう。

でも、そこでよかったなと思ったのは肉を冷凍していたことでした。冷凍肉はなかなか解けません。冷凍庫がとまっても、保冷剤のような役割をして、冷気をたもっていてくれました。

ただ、もっても丸1日といったところでしょう。

腐るものもでてきて、買い出しにいかないといけなくなります。

でも、買いたしはできません。冷蔵庫がとまっているから。そして、スーパーもとまります

スーパーの営業停止

長時間の停電で困るのは、お店が営業できなくなるところでした。

とくに生鮮食品を扱っているスーパーはアウト。1日目はどこも営業停止に追い込まれました。なので次の日に開店していたとしても、肉や魚はありません

とはいえ冷蔵庫は使えない状況なのでそこまで深刻ではありませんよね。

ただ、レジも機能しないので、お店によって購入できるものも限られます。お米を買えないスーパーもあり、備蓄がない方には痛いものでした。

ただ、停電後すぐに営業できていたのはイオン。イオンは優秀。他にも人数制限をかけながら売ってくれるお店もあり、必ずしも営業しないわけではなかったように思います。

ただ、在庫がなくなれば終わりです。物流もないようなもの。

どこの店からも単1電池が消えました。スマホのバッテリーなんてあるはずもなく。懐中電灯と電池は必須か。

家じゅうかき集めればなんとかは、なる

普段備蓄品の少ない我が家ですが、それでも停電はほぼ2日間です。この2日で困るほど備蓄がないわけではありませんでした。

結果、不安からいろいろ食材を買いたくなるんですけど、家じゅうかきあつめればなんとかなります。冷蔵庫の中身もすぐに腐るわけではありません。

麺類はありましたし、ご飯も土鍋で炊けば食べられます。野菜がなくてもおにぎりにして食べればお腹は満たされるわけですしね。

ですから、以外と食料には困らないので、一番に困ったことではありませんでした。なんとかなるなぁという感想。

今回、私がそう考えられたのは、ガスが使えること、断水にもならなかったことです。

うちは水が通っていたので料理には困りませんでした。でも断水になった地域もあるようです。そうなると、まったく状況は変わってきますよね。

オール電化はヤバい

職場の方も何人かいらっしゃいました。オール電化の方。もう、大変そうで(ノД`)・゜・。

すべて電気生活にしていると、停電時はすべて使えません。ガスコンロを用意していないとこの緊急時には、すべて使えなくなります。

カインズにいくと、ガスボンベとコンロが飛ぶようにうれていました。職場の方も、暖かいものが食べたいとおっしゃっていて、ガスがないと本当に被災者ですよね。

乾パンや缶詰しか食べれられない。お湯でも沸かせたらカップ麺も食べられるんですが。それもできませんよね。

オール電化ならば備蓄品がなければかなり困る状況下です。こうなると、最も困ることに食料が上がってきますね。普段からの備えがいかに必要か痛感します。

停電に困らないために必要なこと

  • 懐中電灯
  • スマホのバッテリー
  • 冷凍庫には、保冷剤を
  • 缶詰の備蓄や普段の買い物から備える
  • 現金をもつこと

懐中電灯

今回、話の中であげませんでしたが、懐中電灯は必須項目です。どこの家庭にもあるという前提でだしませんでした。でも、これだけは1個以上必要。

できれば一人一つが理想でしょう。

中でもこれ便利!と思ったものをご紹介。それが、ランタンとヘッドランプです。

 

スマホのバッテリー

スマホのバッテリーはいつも持っている方もいるかもしれません。でも、自宅にいることの多い私には準備がありませんでした。

非常時のためにこれは一つ準備するべきものですね。非常時だけでなく、旅行や外出にも便利ですし。日常使いにもなります。ただ、充電しておくことを忘れずに。

もう一つの方法が車で充電することです。

停電しても車はガソリンさえあれば動きます。エンジンをかければ充電することができるので車用の充電器も合わせてそろえておきましょう。

冷凍庫を長持ちさせる保冷剤と冷食

夏場だとすぐに溶けてしまうかもしれませんが、それ以外の季節ならある程度もちます。保冷剤を多くストックしておくこと。これだけで1日、2日はもつかもしれません。

1日はもちますね。2日目以降がわからないところですが。

でも、冷食&保冷剤の確保は普段からやっておくといいなと感じました。

  • 保冷剤
  • 冷食
  • 冷凍肉

いちばん便利だったのが冷凍肉です。溶けるまでは時間がかかるので後回しにできますし、保冷剤代わりになります。

ただ、放っておくと溶けますから、溶け切るまでに調理しなくてはいけません。

ガスがあるからこそです。

凍った状態でも、お湯を沸かせば溶かすこともできますし。臨機応変に使えば腐らせることはありません(*´ω`*)

チルド室よりも肉は冷凍することが大事だと痛感。

備蓄しよう

電気が通ったからといって安心ができないのが食料です。

復旧後、冷蔵庫のものがすべて空っぽの状態としましょう。冷蔵庫が復帰したから食材をいざ買いにいける!と思ってもどうでしょうか。

付近のスーパーの物流がすべて回復していることはありません。

肉や魚などは、仕入れ状態は悪いことは目に見えています。ですから、復旧してもしばらくは、通常通りとはいかないでしょう。冷蔵ではない食品類なら購入することはできます。

しかし、それも数が限られてくるんじゃないかな?地域差もありますしね。

ですから、普段の備蓄は大事!

とくにタンパク質類です。ツナ缶や鶏肉、サバ缶など、このあたりがあればまずなんとかなるのではないでしょうか。

野菜がなくても、ご飯と肉があれば満足度はあがります。

現金の備蓄

普段、クレジットカードなどのカード生活をしている方は要注意です。

銀行だって、ATMだって機能していない状況でお金はおろせません。私も最近はカード中心になりつつあるのでヒヤッとしました。

でも、すべて現金払いにはできないので、いくらか財布にはお札が入っており、助かりました。現金派ではなくとも、このような非常時になる可能性だってあります。

普段から現金を一応はもっておくことも大事。

なにかあったときのため、様々なことを普段考えておかなければいけませんね。

最後に

今回の大停電、普段は台風もさほど影響のない浜松が中心でした。いつかは地震がくるといわれていても恐らく大半の方は防災意識が低かったんじゃないかなと個人的に思います。私も含めて。

普段から、水害も地震も経験しません。地域にもよるのですが、ほとんどが被害にあったことのない方だったのではないでしょうか。

それが今回の停電、断水。かなり参りましたね。

私の地区は、ほぼ2日間の停電でしたが、中には4日とか…不測の事態にそなえることって大事なんだと身に染みました(´・ω・`)

この経験を糧に今後、対策をとることが明るい未来にもつながると信じて…防災していきましょう( *´艸`)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-防災

Copyright© せまい家がぐちゃぐちゃです , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.