せまい家おすすめ購入品

ガスコンロの隙間ラックで掃除がラクラク&作業スペースにもなった

投稿日:

狭いキッチンのガスコンロには絶対つけるべきキッチングッズの紹介です。これがあると掃除が楽になり、料理の時の作業スペースの確保にもつながります。それが、PLATEのコンロ奥隙間ラックです。

これは、狭いキッチンの救世主。そして、外付けガスコンロの掃除を楽ちんにしてくれるのです。

このグッズは、外付けのガスコンロをお持ちの方とガスコンロかつ狭いキッチンにお悩みの方にぜひおすすめしたいものになります。

備え付けのコンロだと悩みはないのですが…ガスコンロを別で購入し、コンロ台におく…と、なにが面倒ってガスの元栓あたりに空間ができてしまいます。

この空間によくゴミやらなにやら野菜くずやら落としてしまいます。そうでなくとも、油汚れはびちびちと飛び、下の方まで掃除できませんよね。

そんな隙間を埋めてくれるのがコンロ隙間ラックです。このラックさえあれば油汚れも下の方に入り込みません。野菜くずも落ちません。そして、調味料なども置いておけるので料理の時の作業スペース確保につながります。

ちょっとでも作業スペースを確保したい狭いキッチンには適したグッズです。狭いし、そなえつけじゃないコンロで困っているという賃貸住みの私にはぴったりなものでした。

そんなキッチングッズの紹介です( *´艸`)

コンロの隙間をなくす賃貸キッチンの救世主

これが、ガスの元栓の上をおおうような隙間ラックです。このラックの上にちょっとした調味料も一時置きができます。

隙間ラックの組み立て方

コンロ隙間ラックを作りましょう。ねじ止めは必要ですが、力もいりません。誰でも簡単に組み立てができます。

箱の裏が説明書。めちゃくちゃ分かりやすいイラストで助かります。ただ、ちゃんと見とかないと、ん?となるので向きと位置を確認しながら進めましょう。

まずは、パーツがそろっているか確認。ちょっぴし重みがありますね。

はい、ちゃんと説明書見て~

この「B」と「C」の向きがややこしいので確認します。

くるっと丸まっている面が下にくるように、ネジ止め。下の足もネジ止め。ここで、もう片方の足のネジはまだ止めないでね。先にとめると板が入らなくなるので、まずは右足だけです。

この平らな板です。これをハメちゃいます。

右も左も板部分をはめてから…先ほどの足の続きです。もう片方の足のネジ止めをして、完了。

簡単(*´ω`*)

ぐだぐだ説明してますが、やればすぐできます。説明書みないと向きがわかりにくいですが、見ればわかる。

では、コンロの隙間に設置しましょう。

こんな感じで隙間にすっぽりとおさまります。上の板が開け閉めできるため、ガスの元栓の開け閉めも楽に行うことができますね。

閉めるとこんな感……じ…?

んん?

なんか変ですね。分かりますでしょうか…じゃっかん…フタが開いております( ゚Д゚)!

横からみた図。

……ぬぅあぁ(;・∀・)

フタを閉めようとするとガスの元栓が干渉してしまい、完全に閉めることができませんでした。

購入時には、サイズ確認をきちんとしましょう!(; ・`д・´)!!

いや…したんですけどね。

私の測り方が間違っていたのか、縦方向のことを甘く考えていたのか…なぜこうなった。

横はちゃんとハマるのに、高さが少しだけ合いません。元栓の位置がじゃっかん高かったようです。残念!

PLATEの隙間ラックのサイズを確認!

隙間ラックでも、足が調節できるタイプもあります。しかし、このPLATEの隙間ラックはできません。長さを調節できればよかったなぁ。

サイズ

約58×11×19.5cm、重量/約1100g、内寸サイズ/棚面高さ:約18cm

縦も横も高さも調節できません。このサイズったら、このサイズ!特に横サイズはきちんとハマるかどうか確認してくださいね。

ラックの高さ調節に板を置く

はぁ、悔しい。

ということで、高さを調節します。火元なので本来はあまり木材はよくないかもしれない。でも簡単に高さを調節できるので、DIYとかできない私はこれで(;´・ω・)

こんな感じでラックの足元に木の棒おきます。ホームセンターでみつけた棒をカッティングして使用します。これで隙間に設置。

どーだー!

フタがしまったー(*´ω`*)

できました。カパカパしませんよ。これは。

横から見た図。

どうですか?ピタッとフタが閉まっていますね。よくやった私。

でも、どうなんですかね木材って。火元なのに。やっぱりよくないのかなぁ。やる際には、自己責任でやりましょう。。。

調味料の一時置きに、常には置かない

そして、冒頭の写真。なんとか、無事に設置でき一安心です。残念ながら、ぴったりと隙間を埋めることはかないませんでしたが、これでもかなりゴミ落下を防ぐことはできるでしょう。

そして、狭いキッチンの作業スペース確保になりうるものでしょう。

料理中、置き場のなかった油や塩コショウなんかも一時置きができますね。塩コショウとか一回の料理で何度も使うこともあるし。出しておきたいんですよ。でも、狭くてそれもままならなかったんですよ。

もう、これ最高!スペースの確保ができて大満足です。

ただ、ガスコンロまわりには、モノを極力置かないようにするのが望ましいです。常に常駐して調味料を置くことはしません。便利ですけどね、この位置。

油汚れでギトギトになります。常に置いてあれば調味料、全部ギトギトです。毎回拭くのならいいとは思いますが…私そんなマメじゃないので、無理(; ・`д・´)

ですから、私は調味料の一時置きに使います。

料理の後は所定の位置に戻します。油はコンロ下収納に。

アルミテープでゴミ落下防止をしています

上の写真を見ると、実はアルミテープでとめています。コンロの左右の銀色テープ。これは、ゴミ落下を防ぐためです。コンロの隙間って、ギトギト汚れ&細かいゴミがたまり、めちゃくちゃ気持ち悪くなります。

大掃除の時にひっぺがして掃除しようとするとここにこびりついた汚れが……ぅぅ

それがもう、二度と見たくないと思いまして。100均で購入したアルミテープを貼っています。これだけでゴミは隙間にたまりません。張り替えるだけです。

もっと可愛いテープならいいのになぁとか思っていますが、火元ということもあり、マスキングテープではなく、アルミ製のこちらのテープを使います。

ズボラには、見た目より掃除の楽ちんさが大事。そんなにみられるところでもありませんし。100均のキッチンコーナーに置いてありました。

最後に

隙間ラック、購入してよかった…( *´艸`)

掃除が楽ちんになることは大事なんですが、それ以上に作業スペースの確保につながったことが嬉しい。狭いキッチン、少しでも広く使いたいので。

調味料やら、小皿やおわんなど置くこともあります。先に調味料を混ぜ合わせておいた器とかね。めっちゃ便利。

賃貸、超狭キッチンは、作業スペースの確保は重要なことです。少しでも広く使うためにも隙間ラックはおすすめです。

あ、ちなみに材質はスチール製です。耐熱200℃!小さい鍋やスキレットくらいなら置ける!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-せまい家おすすめ購入品

Copyright© せまい家がぐちゃぐちゃです , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.