ズボラでも失敗しない書かない家計簿!袋分けと自動化アプリで簡単に

家計簿続かない!めんどくさい!予算管理もできない!使いすぎを防止したいぃぃ…

そんな家計管理がダメダメなめんどくさがりな私、シノでした。

でもそんな私も失敗しない、クレカの管理も漏れなく口座から余計な金額がなくなる惨事もなくなる家計簿。

ズボラな私が落ち着いた、最後の家計簿…それは袋分け。

でも普通の袋わけだと失敗しちゃうので…アプリもつけくわえて私なりに楽ちんな管理の仕方を紹介します。

家計簿は突然できなくなる

私は、めんどくさがりです。いちいち書き込むのが嫌だし。予算を決めていてもすぐにオーバーしてしまいます。

給料も少ないというのに…

クレジットカード払いをしている間は本当にお金が不透明でした。やばかったなぁ。

とはいえ、そんな私もかなり長い期間、家計簿をちゃんと書き込んでつけていた時期がありました。

でも、突然ぱったりとできなくなったのです。

理由は自分でもイマイチわかりませんが…なんか燃え尽きた。

そんな燃え尽き症候群な私、家計簿をなんとか続けられる方法を色々とためし、貯金がうまくいく方法を考えながら…日々悶絶。

そんな私が結局たどり着いた方法、それが袋分けでした。でもただの袋分けでもないです。

それだとカード払いの漏れもでるし管理が完璧ではないので。

とあるアプリもプラスして管理することでかなり完璧に近づいています。そんな袋分けアプリ管理法。

絶対現金主義で袋分け管理で、帳簿はつけない!

クレジットはやめる!絶対現金主義

クレジットカードはやめました。絶対現金主義!!!

やっぱり、結局色んな人が言っていますが使いすぎるのがクレジットカードです。クレカ管理ができるのは家計管理の上級者。スキルが上がったその先の方々なのでしょう。

私は使いすぎる…そしていくら使ったかが不透明になり、結果赤字になってもあまり実感がありません

ポイントが貯まることは大きいのですが、ここに躍らせると結局使いすぎて意味がなくなります。やっと気づけた自分。

クレカは引き落としされるものだけに限ることにしました。

食費や日用品などはすべて現金です。*ただし、ネット通販はクレジット。支払ったら現金を財布からちゃんと抜く

袋分けで帳簿はつけない

私がなぜ家計簿が無理だったか。それはレシートをみていくら使ったかを書くことでした。

書くことで予算管理できるというメリットはあるのですが、どうしても続けることができません。かけない。

もう、かけないなら書かないでいいや(´・ω・`)

ズボラーすぎる私にとって家計簿はなかなか大きな壁です。いいわけするとしたら仕事もはじめたため忙しくなったことですが。

まぁたぶんそんなことは理由じゃないんだろうなー

とにかく私には、書くという作業がおっくうになってやらなくなる…だからそれをしないでもいい方法を考えました。

それが袋分け

最初に1か月分の給料を引き落とし以外のお金を全部手元に集めます。

そして、食費・日用品・医療費など使う予算をはじめに決めてそれぞれ袋分けにします。袋分け後は、とくにレシートの金額とかを家計簿にかくとかしません。

その袋の中の予算をまもり、日々お金を使います。

現金なので目でみてあと財布にいくら残っているのかが確認できるから無駄遣いを防止できます。残金が目で見てわかっていないクレジット時代とは違い、現金と向き合うことは大事。これだけでやっぱり違います。

予算防止にイイ!使う財布と控えの財布をもつ

予算を決めていてもやっぱり使いすぎるのが私。初めのころはなかなかこれも難しかった。食費がつきて、日用品費から少し拝借したりとかよくしています

それでもプラマイゼロならいいのですけども。

でもそれってちゃんと予算守れていないということになります。

そんな私は、いつもお金を出す「使う財布」と、品目ごとにわけてある「控えの財布」の2つ使いをしています。

控えの財布とは、袋分けが可能なジャバラ式のお財布です。ここに食費、日用品費、医療費…etcをそれぞれ分けていれてあります。

これ、楽天やアマゾンで売っています。かわいいんですよ

いつもはここに品目ごとにわけていれておきます。使う時はその都度お金を「使う財布」にうつします

今日は食品を買いに行くから、食費から3000円ほど移しかえる、みたいな感じに。

ちょっと面倒でしょう?いちいちやらんでもジャバラ財布で支払いすればいいんじゃないの。とも思います。それでやりくりできる人もいるでしょう。

でも私の場合はダメ。財布にいれっぱなしで適当にお金を払うから、残金とかみないの。

でも、その都度入れるようにしてからちゃんと残金管理ができるようになったです。今日は3000円だけ入れたからこれとこれは買えるけどこれはやめておこう!という判断が多少つきます(笑)

でもやっぱり適当人間なので足りなくなることもしばしば。

そういう時は「控えの財布」から少々拝借……

とまぁ、適当な管理でごめんなさいという感じでしょうか。うん、本当は予算まもれる人間になりたい(´・ω・`)

 

そうはいっても、その日1日で食品を買うこともあれば、日用品や病院などいろんな品目のお金がいるときもあります。そういう場合は、途中でお金を入れ替えられればそうしますが、できないことが多いです。

そういうイレギュラーな日は「控えの財布」からどんどん出していきます

絶対にこうしないといけない!みたいなものは自分の中にあんまりなくて。適当でなんとなくで、生活がまわっていけばいいと思います。

だから家計簿をつける!という意気込みも大事ですが、肩の力をぬいてやればやりくりも続くんじゃないのかなぁと適当に考えています。

マネーフォワードで漏れを防ごう

家計簿マネーフォワード 銀行・クレカ対応が人気の無料アプリ

家計簿マネーフォワード 銀行・クレカ対応が人気の無料アプリ
無料
posted with アプリーチ

マネーフォワードという家計簿アプリも併用して使用しています。

マネーフォワードは便利ですよー。

クレジットカード・ネットバンク・スマホ料金などを連携することができます。他にも楽天やアマゾンなどのネットショップやらいろんなものが…!

連携すると、自動的に引き落としのお金や通帳の振り込み、残金などを表示してくれます。

それを自動的に品目別にわけてくれ、今月いくら使ったかが入力なしで自動的に表示されるしくみです。ネットショップも連携すると買い物したものが表示されます。

クレジットの履歴って見落としがあったり、口座に振り込み忘れていたりすることが多々ありました。でも、このアプリがいくらの支払いかを教えてくれるので漏れなく口座にも振り込めます。

通帳の残金もこのアプリ上でわかるので今月ヤバい!ということも一目瞭然です。

毎月の終わりにこのアプリを見ながら支払額分の現金を封筒にいれて、支払口座に入金しています。

現金主義ですが、どうしてもクレジットでお買い物をする場合もありますから、この確認は絶対必要なのです。

  • ネット通販での買い物
  • ガソリン代
  • その他光熱費や保険などの引き落とし料金

これくらいでしょうかクレジットの支払い物は。ガソリン代をカードにしているのは、旦那が給油してくれるためです。

おこづかい以外を現金で渡して管理させるのが不安なためこれはクレジットに(*’▽’)

あとはネット通販はクレジットですね。旦那も通販よくするのでここの管理も必要なところは面倒です…使った分はおこづかいから抜きます。(あ、うちの旦那はおこづかい制です)

面倒なのは月はじめと終わりだけ

帳簿はつけない!と豪語しましたが、面倒なのは袋分けと口座にお金を入れたり出したりすることです。

予算を決め、控えの財布に入れたり、引き落とされる分のお金を封筒にいれたり。(この時はいくら入れたとか書いたりします)

月のはじめは面倒ですねー

そして、最終日には、クレジットカードの最終確認、お金を集めてそれぞれ入金

面倒なのはここだけーー!

あとはもうお財布の残金とにらめっこです。レシートなんてポイポイです。医療費のレシートだけはとってありますが。

ちなみに月はじめ、ほとんどの現金を引き出してきます。1万円は数枚のこして、あとは5千円と千円札に両替。袋分けに両替は必須です(*´ω`*)

最後に

現金で引き出し、袋分け管理。財布をジャバラにしたのは、いざという時支払いがしやすいから。しかも人に見られても恥ずかしくないかっちょいい奴。レシートケース レシートホルダー パヴォ DF073 HIGHTIDE

①給料現金引き出し

②引き落とし分は封筒へ

③品目ごとに「控えの財布」に分ける

④「使う財布」に使う分だけ

⑤マネーフォワードで最終管理

⑥入金

そして帳簿はつけない!レシートいらんの!…面倒なことを極力そぎ落としたら、このやり方に落ち着きました。今のところはこんな感じの管理です。

できない私なりの家計管理でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください