ノロウイルスの脅威ですりへる、私の夜中の対策法はこう!

お腹の風邪、ノロウイルスに一家全員ぶっ倒れました。ノロウイルスの脅威、せまい家がいつもより、より一層のこと、ぐちゃぐちゃです。

オカンも倒れ、なんだかダルイという日が続き、部屋の片づけができず。ノロなのに。

消毒やらもしないといけないノロなのに。

看病する側が倒れること、これが一番の脅威でしょう。今後はノロを持ち帰ってきたとしてもうつらないよう必死に対策しなければなりません。そう体感した1週間でした。

消毒薬を作るのが面倒な問題

感染の脅威が怖いのがノロウイルスです。

しかも、アルコールとかでは撃退できません。熱湯か塩素、これにつきます。でも熱湯だと時間もかかるし専用の鍋もないし、大変。

塩素で消毒薬を作る方が楽ちんです。

でもこれがちょっと面倒…というよりもわかんない。

1Lに対し、塩素が何ミリ?うーん、よくわからんになるのです。面倒くさがりな私には。

そんな私は、もういいやーーハイターで!しゅしゅっ

一番てごろな泡ハイターでシンクの掃除や食器洗いをまかせちゃいました(*´ω`*)

ノロウイルスに対しては,次亜塩素酸ナトリウムによる消毒が有効です。次亜塩素酸ナトリウムは,市販の「家庭用塩素系漂白剤(濃度約5%)」に含まれています。

Googleで調べるとすぐにパパっとこんなふうに表示してくれて助かる。

泡ハイターの表記をみると、確かに次亜塩素酸ナトリウムと書かれてありました。いつもまな板の除菌用に常備していた泡ハイターがここで活躍してくれるとは…大助かりです。

面倒くさがりな私にはこういう水で薄めたりとかできない。市販品でささっとやりたいです。とくに自分もノロにかかってヘロヘロだったので。

キッチン泡ハイター ハンディスプレー 本体 400ml

日中元気、吐くのは夜中

1歳と4歳の息子たちが順番に発症しました。

しかし、日中は二人ともめちゃくちゃ元気です。うえーい!!!!男2人はまじ元気すぎる。

そんな感じなのでまるでノロとは考えませんでした。結果、油断して、家族全員ダウン(;´Д`)

吐いたらノロと断定しましょう……

子供は日中は元気なのです。でも、いきなり夜中もぞもぞと起き上がり「ゔぅ!!」と嘔吐。

なんどか練習をつむうちに母は異変にいち早く気づき、ビニール袋を子供に押し当てる早業を習得しました。隣で寝ていると対応も早くなる(´・ω・`)

夜の事前準備は大事です。かなり。自分、眠いからね!

ノロになったら夜の事前準備がカギ

眠くて夜起き上がれない私。子供がノロウイルスにかかったら、寝る前に準備しましょう。

  • 布団には、汚れてもいいタオルをしく
  • ボウルにビニール袋をかぶせ、枕元におく
  • ティッシュ、予備のビニール袋数枚も用意
  • ゴミ箱
  • キッチンペーパーか新聞紙もあれば便利

食器用のボウルにビニール袋をかぶせ、準備しておくと便利です。袋だけだとこぼしてしまうので、こうしておけばボウルも汚れず、あとは袋をくくるだけ。

枕元に吐いてしまったら、キッチンペーパーや新聞紙などで嘔吐物をふき、ビニール袋にいれて処理。

すぐ処理。

眠いと放置しそうになりますが…ちゃんと処理しないとウイルスも蔓延するので…袋はくくる!捨てる!手を洗う!

枕元に用意してあると楽ですし、あとあとウイルスも蔓延しないでしょう。

ノロウイルスはジェットコースターに過ぎていく

症状はまるでジェットコースター。いきなり吐き、熱がでても1日で治る。

そんな感じで過ぎ去ります。なので基本元気です。

とはいえ、ダルさがひどかった。私の場合。

子供は下痢してました。ちなみに、嘔吐・下痢が落ち着き、きちんと食事ができるようになればOKと先生からは言われます

とはいえ、ダルくて、お腹が張ります。お腹が空かないのも変な気分でした。

普通に食事がしたい。それなのにゼリーでお腹いっぱいです。

お腹の張りがしんどくて…結局家事もせずだらだらゴロゴロしていました。

片づけよう!掃除しよう!と意気込めない。動くとしんどいというか、ダルい。日中は誰も吐くこともないので自由きままにダラダラできました。

こういう時はじっとしているのが一番です

あとは水分補給。これが大事。水や麦茶、ポカリスウェットもおすすめです。

二度とノロにならない、予防策

ドーパーパストリーゼを使っている方をよくみかけます。インスタでは特に。

除菌スプレーで、料理にもスプレーできるという便利なものです。ノロウイルスにいいとは一言も明記されてはいないのですが、細菌の増殖を抑制すると書かれてあります。

ノロになってしまったら、塩素が有効ですが、なる前の除菌としていいなと購入検討中です( *´艸`)

もう、ノロウイルスにはなりたくありません。

かかりたくないという意識が生まれたので、除菌スプレーは確実に必要です。

手ピカジェルもいい!ウイルス対策用の手ピカジェルもあるんですね。さすがな値段はしますが、ウイルスの時期には大きな味方になりそう。

日ごろからの対策が不十分だと、菌をもらってきたときにすぐにやられてしまいます。

日ごろからちゃんと除菌をこころがけておけば万が一菌を持ち帰ってきたとしても撃退できるかもしれませんね。

最後に

目に見えないものと戦うのははっきりいってよくわかりません。とはいえ、対策しよう!という意識が今回私の中で根強くのこりました。ノロウイルス、もうコリゴリです。

せまい家がもっともっとぐちゃぐちゃ、そしてウイルスに犯されているんじゃないかというプレッシャー…耐え難い。

日々のお片付けと掃除の重要性、そして除菌しなければいけないという責任感のようなものを感じます。ひしひしと。

くぅ…つらい、ウイルス胃腸炎つらい。

今後はかからない予防策、かかったときに慌てない備え、しっかりしていきたい!できるか知らんがしていきたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください